メッセージ

MESSAGE

ちいさなおこさんへ

何かとくべつなことをしてもらった時、ありがとうって言うよね。


ぼくたちの服を作っている人たちを知っている?

それは、遠い国の女の子が作っているかもしれない。

それは、学校に行けない子供たちかもしれない。

それは、おかあさんと会えない子供たちかもしれない。


ぴったりの服を作ってくれるって、とってもとくべつなことだよね。

でもぼくたちは服を作ってくれた人にありがとうなんて、言ってないよね。

だれが作ったのかわからない服を着て、あきたら捨てる、それは作ってくれた人に、とっても失礼だと思うんだ。


作ってくれた人がだれなのかもわかんない。

ありがとうも言わない。

そんなの、変だよね。

でもそれはぼくたちのせいじゃないよ、だれも悪くない。

悪いのは、やり方なんだ。えらい人だけたくさんもうかる、よくないやり方をみんなでやってる。


だから、やり方を変えよう。

どんな人が作ってくれたかわかる服を着て、ありがとうって言えたら、それはただの服じゃなくて、とくべつなものになる。

今まで服を作っていた、学校に行きたい子供たちが学校に行けるようになって、おかあさんとおとうさんと一緒に暮らせるようになったら、もっといい。



「やさしいせいふく」は、そんなやり方で服を作るよ。